うなぎの効用

20.07.10

皆さん、こんにちは。
CRC係の佐藤です。
梅雨がまだ続いていますね。湿度も気温も極端で、体がだるくなることが多いと思います。
そんななか、胃腸を冷やして食欲が減退していらっしゃいませんか。
これから夏に向けて必要な栄養を取り、体力を付けていきたいところです。
そんな時に頼りになる食材として、うなぎがあります。

この時期になると、コンビニやスーパーマーケット、牛丼チェーンでは「土用のうなぎ
」の文字が目につきますよね。
このことを、私は土曜日にうなぎを食べることとずっと思っていました。
本当かどうか調べてみると、土用とは、昔の暦では24節季の季節の変わり目、立夏、立秋、立冬、立春直前の約18日間の期間を示す言葉だそうで、昔の暦では日にちを十二支(子、丑、寅、卯…)で数えていたそうです。
つまり、「土用の丑の日」とは、土用の期間におとずれる丑の日のことを指しているそうです。
2020年の土用の丑の日は1月23日、4月16日、4月28日、7月21日、8月2日、10月25日、11月6日です。
今年は夏に土用の丑の日が2回あるようです。

7世紀から8世紀の読み物「万葉集」にもうなぎが詠まれています。
夏痩せにはうなぎを食べるとよいと知り合いに、おすすめしている和歌です。
昔から体調を崩しやすい夏にはうなぎを食べて栄養を摂ろうという考えがあったのですね。

栄養学的にも、うなぎには、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンA、ビタミンEや、豚肉、レバーに多く含まれるビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く、お魚に多く含まれるカルシウム、EPA、DHA、ビタミンD、コラーゲンも豊富に含まれています。

私自身、うなぎをたまに食べると、その翌日は疲れ、お肌の調子がよくなるような気がしています。
野菜、お肉、お魚に加えて、これから夏を乗り切るため、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

ヨーグルト”モニター募集のご案内

20.07.07

こんにちは。

検査運営課募集係です。

本年も、はや半年が過ぎましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
本年は、なにかと世間もあわただしく動いている印象がございますが、年初に何をしていたかなどは覚えていますでしょうか。
記憶力の衰えてきたと感じるあなたにご紹介したいモニター試験がございます。
それは…イチョウ葉エキス含有サプリメントを飲んでいただくモニター試験です。

それではイチョウ葉エキスの効果について少々。
イチョウ葉エキスには、抗酸化作用があるフラボノイド配糖体やテルペンラクトンが含まれ、血管拡張作用や血液循環改善作用が報告されています。
このため、イチョウ葉エキスを摂取することが日々の健康につながります。

今回は、このイチョウ葉エキスを使って認知機能への影響を検証しています。
最近、記憶力の衰えに悩まされているあなたにオススメのモニター試験です。

それでは、モニター試験の情報を↓に載せました。ぜひご確認ください。

▼応募フォームはこちらです。
https://forms.gle/vdpjZ5GxRWHTPFXP9

ご応募お待ちしております!

こまめに水分摂取をしましょう

20.07.03

皆様こんにちは、検査運営課CRC係の堀江です。
梅雨に入り、蒸し暑い毎日がつづいておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

この時期から気をつけていただきたいのが脱水症状や熱中症です。
梅雨の時期は湿度が高いため汗が蒸発しにくい、とよく言われますが、呼吸をするだけでも水分は身体の外に出て行ってしまいます。

脱水症状や熱中症の予防で大切なのが、こまめな水分補給です。

私たちは1日の食事から約1Lの水分を吸収しており、それ以外に1日約1.2Lの飲水が必要とされています。
単純計算で、朝だけでも食事と飲水を合わせて730mlの水分が必要となります。

しかし、弊社のモニター試験や無料健診に参加する場合は、基本的には6時間前から水以外の飲食を控えるようお願いしております。
食事がとれないとなると、いつも以上の飲水が必要となります。

自覚症状がなくても脱水気味になると、血液の量が減り、血管の張りが弱くなってしまうこともあります。
また、尿検査時に尿が出づらくなることもあります。

実際に私自身の血管で検証してみました。

①がこまめに水分補給をしたときの血管、
②が4時間ほど水分補給をしなかったときの血管です。

同じ血管でも①の血管のほうが張りがあるのがわかりますね。

皆様も、こまめに水分摂取をして、脱水や熱中症を予防しましょう。
また、食事がとれない検査の前は特に意識して水分摂取をしてきてくださいね。

皆様のモニター試験へのご参加を心よりお待ちしています。

※モニター試験によっては6時間以上前から水以外の飲食を控えていただくものや、水分の摂取も控えていただくものもございますので、必ず参加される試験の説明をお守りいただくようお願い致します。

自己紹介

20.06.30

皆様こんにちは、検査運営課募集係の松井です。
7月に入りましたが、朝と夜がまだまだ肌寒い日が続いております。
体調を崩しやすい季節ですので、一層のことご自愛ください。

私の趣味はテニスで、6歳のときからずっと続けています。
テニスは小さなお子さんからシニアの方まで幅広い世代にプレーされています。
よく生涯スポーツとも言われておりますよね。

どうしても運動したく、久しぶりに学生時代にバイトしていたテニススクールに顔を出しました。数か月ラケットを握らないだけで、ここまで下手になるとは思っていませんでした。継続は力なりって本当ですね。痛感しました。
ただ、テニスをした時間はとても有意義でリフレッシュすることができました。

思いっきり、外で運動!とはいきませんが、みなさまがやめてしまってこと、運動に限らず再開するいい機会だと思います。
運動については、私からの助言があります!まずは軽くリハビリ程度から慣らしていきましょう。数日間身体が動かなくなってしまいますよ!

Goトーロクでは様々なモニター試験を実施しています。外出のきっかけづくりにモニター試験のご参加はいかがでしょうか。

父の日の由来について

20.06.29

皆様こんにちは。
検査運営課CRC係の近藤と申します。

先日は父の日がありましたね。
皆様、お父さんに日頃の感謝の気持ちを伝えることはできましたか?

私はコロナウイルス予防の為できる限り外出を控えているので、
自宅でできるおうち居酒屋でお祝いをしました。

ところで、父の日にはどんな由来があるかご存じでしょうか。
今回は父の日の由来についてご紹介します。

父の日は、母の日と同じくアメリカから伝わってきました。
母の日ができたことを知ったワシントン州に住むソノラ・スマート・ドットという女性が、「母の日があるように、父親に感謝する日も作ってほしい!」と牧師協会へ嘆願したことがきっかけと言われています。

ソノラの父親は軍人で、1861年に南北戦争が始まると戦地へと召集されました。
父親の留守中、ソノラの母親は働きながら一家を支えてきましたが、南北戦争が終結し、父親の復員後まもなく過労により亡くなってしまいます。

そこから父親の苦闘が始まったのです。
残された子供たちは男の子5人と女の子1人でした。
6人の子供たちを男手1つで育てるのですから、さぞ大変だったことでしょう。
ソノラの父親は再婚することもなく、生涯独身で働き通し、子供たちが皆成人した後に亡くなったそうです。

6人兄弟の末っ子だったソノラは父親の偉業を称えようと、牧師協会へ嘆願したのが1909年のことです。
それから7年後、1916年の式典で、第29代アメリカ大統領であるウッドロー・ウィルソンが演説を行ったことで広く知れ渡ったと言われています。

父の日は、家族のためにいつも頑張っているお父さんに日頃はなかなか伝えられない思いを伝える良いチャンスです。
せっかくこういう日があるのですから、この日の力を借りて言葉やお花を贈るなど、お父さんに感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

メアドだけで簡単登録!
CLICK!
募集中のモニターはこちら!
CLICK!