皆さんはラーメンをよく召し上がりますか?

20.03.23

はじめまして。入社1年目の臨床学術課の横須賀と申します。
臨床学術課は、みなさまが参加されるモニター試験のデータを解釈する部門となります。
みなさまと直接お会いする機会は少ないですが、ブログを通して臨床学術課という部門を知っていただけたらと思っております(^^)

さて、今回はじめてブログの作成を担当しまして、何を書こうかと悩みましたが、タイトルにある通り、今回はラーメンについて論文をご紹介したいと思います。

私は週に一回はラーメン店に行きます。
普段は健康的な食生活を心掛けているのですが・・・たまには好きなものを好きなように食べることにしています。我慢することもストレスになりますので、時には自由に食べることも大事なことと思っています(`・ω・´)キリッ

いつものようにラーメン店の行列に並んでいる最中に、ふと、ラーメンは健康にどのような影響を及ぼしているんだろう?、と気になりました。

調べてみると、ラーメン店の分布と脳卒中の関連を検証した論文がありました。
↓↓↓
Matsuzono K, Mieno M, Fujimoto S. Ramen restaurant prevalence is associated with stroke mortality in Japan: An ecological study
Nutr J. 2019;18(1):1–6.
DOI: https://doi.org/10.1186/s12937-019-0482-y

脳卒中は世界的にも主要な死亡原因と言われ、塩分と炭水化物は脳卒中の危険因子とされています。脳卒中と食事または季節の温度との関連に関する研究がされていますが、因果関係については未だ明らかにされていません。

この論文の筆者らは、塩分と炭水化物を多く含むラーメンが脳卒中の死亡率と関連しているのではと考え、ラーメン店の分布 (店舗率) と脳卒中の死亡率の間に相関性があるか調査しています。

調査の結果から明らかになったことは、人口当たりのラーメン店の店舗数が多い地域ほど、脳卒中による死亡率が多かったことです。

やっぱりラーメンは身体によくないの?と気になるところですが、この研究で得られた結果はあくまでも、「ラーメン店舗率と脳卒中死亡率に関連がありそうだ」ということ。ラーメンをたくさん食べると脳卒中死亡率のリスクが高まるということではありません。

著者らがラーメン店の店舗率と脳卒中死亡率に着目したことについて、ラーメン店の店舗数は地域住民の食生活の嗜好性を反映している可能性があることを考えると納得感もあります。ラーメンは塩分、脂質、炭水化物ともに過剰摂取の傾向となりやすく、塩分、脂質、糖質の過剰摂取は高血圧症、脂質異常症、糖尿病の悪化因子であり、同時に脳卒中リスク因子です。

恐らく著者らもラーメンの食数と脳卒中死亡率について関連を調査したかったと予測されますが、まずは調査できることとして、地域住民の食生活の嗜好性を反映する可能性のあるラーメン店の分布 (店舗率) と脳卒中の死亡率の間に相関性があるか検証することを試みたのだと考えられます。

今回の調査を介して自分の食生活の嗜好性を見直すきっかけともなりましたが、やはり我慢するのは厳しい(^_^;)適度に好きなものを好きように食べて、時にはサプリメントにお世話になりつつ・・・が長生きの秘訣なのかもしれません。

健康の維持に役立つサプリメントをお試しになりたい方は、ぜひGoトーロクのモニター試験にご参加ください。みなさまのご参加をお待ちしています。

ひな祭りに食べる食べ物は?その由来を調べてみました!

20.03.05

皆さまこんにちは!いつもGoトーロクをご利用いただき、ありがとうございます。
検査運営課 管理栄養士の村上です。

オルトメディコには試験を適切に運営するために、管理栄養士の資格をもつ社員も在籍しています。
これからこのブログを通して、私たち管理栄養士が皆さまにタイムリーな食の情報をお伝えしていきたいと思います!

さて、3月3日はひな祭り、正しくは「上巳(じょうし)の節句」ですが、桃の節句と呼ばれることの方が多いかもしれません。女子の健やかな成長を祈る行事です。
ひな祭りで食されるはまぐり料理、菱餅、ちらし寿司などには意味や願いがあることを皆さまはご存知でしょうか?

代表的なはまぐり料理の貝殻は、対になっているものだけがぴたりと合うことから、「相性のよい人と結ばれますように」と良縁の願いが込められています。女子のお祝い事らしい願いですね。
他の菱餅やちらし寿司も色や具材に意味を込め、女子を祝う行事料理となっています。由来や意味を知ると、料理をもっと楽しく、美味しくいただける気がします。

さて、こちらはオルトメディコの受付に飾っているひな人形です☆
受付には、いつも季節にあわせて色んなものが飾られています。

最近ではお正月に門松、クリスマスにはクリスマスツリーなど、バリエーションも豊富。
次はイースターかな?それとも端午の節句かな? と、ちょっと楽しみです。
オルトメディコに来られた際には、同時に少しでも季節を感じていただけるとうれしいです!

これからもモニター試験のご案内はもちろん、管理栄養士からの美味しい情報(?)もブログを通してお伝えしていけるよう努めてまいります。
今後ともGoトーロクのモニター試験をどうぞよろしくお願いいたします。

食品のパッケージを隠している理由

20.02.20

みなさま、おはようございます。統計解析課の柿沼です。はじめましての方ははじめまして。数年ぶりにブログを書いてみました(ㆁωㆁ*)

いつも弊社が運営する食品モニター試験のご参加いただきありがとうございます(*・ᴗ・*)و
皆様のおかげで様々な機能性を有する食品が世の中に証明されてきました。ありがとうございます!!

私は皆様からいただいたデータを統計学という学問を利用して分析しています。皆様が弊社オフィスで説明を受けている部屋の奥にいるので、なかなかお会いする機会がありませんがブログを通して、モニター試験を統計学的観点から紹介していきたいと思います。

今回は、皆様が参加している試験で銀色のパウチのような無機質なパッケージで配布される食品のことについてです。これは、見ての通り市販の食品の場合などパッケージを隠すためだけでなく、実は統計学的理由があるんです。それは、隠すことで、「健康食品の効果を過剰に報告されることを防ぐ」ためなのです。

明らかに効きそうな商品と効かなそうな商品があって、効きそうな商品を渡されたら「なんか効いたなー」と思いますし、効かなそうな商品を渡されたら「なんか効かないなー」って思いますよね( •⌄• )
なのでパッケージを印刷しなかったり、隠したり、剥がしたりして皆様に提供しています!!

ちなみにプラセボ (効果がない食品) を摂取して得られる良い効果をプラセボ効果 (プラシーボ効果) といいます。皆様のデータの解析結果を見させていただいていますが、プラセボを摂取しているのに効果が表れてしまっている人がいます(@_@;)ビックリ

また、反対に良くない効果が表れることをノーシーボといいます。副作用に注目しすぎて副作用が起きてしまうことが稀にあるそうです。病は気からみたいな感じですね!

本日はこんな感じです♪また、再来月に投稿します♪

Goトーロクではこれからも面白いモニター試験の募集がどんどん始まるので是非、みなさん参加してください(*・ᴗ・*)و

2019年度人気モニター試験ベスト1

20.02.10

いつもGoトーロクをご利用いただきありがとうございます。検査運営課の募集係から投稿です!いつもメールマガジンやLINEを配信しているのは私たち募集係です。
前々回にブログ更新をした「謹賀新年」の誰か、です。ヒントはスーツ姿です。
見当はつきましたか??(ヒントはこちら!→https://www.go106.jp/blog/200107-2.html

いきなりですが、2019年度で人気度が高かったモニター試験ベスト1を発表したいと思います。
ベスト1に輝いたのは、、、「記憶力の衰えを感じる方」のモニター試験でした。パチパチ
僅差で「目が疲れやすいと感じる方」でした。<オー
私も記憶力をいつまでも保っていたいものです。目の疲れもどうにかして取りたいものです。そういえばなぜベスト1を発表しようとしてたんでしたっけ・・・。
まあ、細かいことは気にしないことにしておきましょうね!

人気があるからと言って応募しないのは無しですよ。どしどしご応募ください。約束ですよ?

皆様にわかりやすくご案内できるよう努めさせていただきますので、
今後ともGoトーロクのモニター試験をどうぞよろしくお願いいたします。

ヘルスフードアカデミックサロンミニシンポジウム

20.02.07

Goトーロクを運営するオルトメディコで、ヘルスフードアカデミックサロン ミニシンポジウムを開催したので参加してきました。
ヘルスフードアカデミックサロンは「食と健康にまつわる様々な情報交換」を目的に設立されたサロンです。健康食品等のモニター試験を行うためにも、きちんと情報を仕入れてきますよー。

会場は恵比寿駅より恵比寿スカイウォーク(動く歩道)で5分。
恵比寿ガーデンプレイス内のサッポロビール様本社で行いました。

社内で開催場所の確認をしている際に「歩く歩道」と言い間違えたのは私です。
歩いちゃいけない歩道ってあるんだろうか。そもそも、それは歩道なのだろうか。。。

会場はほぼ満席。後方に空き席があったので滑りこんで聴講してきました。
今回のテーマは「機能性表示QOL時代に向けて」ということで、機能性表示食品のQOLをどのように確認し謳っていくか、どのように考えていくかの講演でした。
聞いた内容を今後実施するモニター試験に活かしていけるよう、がんばります。

シンポジウム終了後、会の運営をしていたオルトメディコのメンバーと合流しカンパーイ。
運営お疲れさまでした。

今後もGoトーロクでは様々なモニター試験を開催していきます。
気になる内容がございましたら是非ご応募いただければ幸いです。

メアドだけで簡単登録!
CLICK!
募集中のモニターはこちら!
CLICK!