文京区の歴史

21.01.19

皆様こんにちは。検査運営課運営係の村上です。

モニター試験にご参加したことがある方なら、皆様必ずお越しいただいたことがある弊社ですが、東京都文京区にオフィスを構えております。

今回は、その文京区の歴史について調べてみたのでご紹介したいと思います。

現在の文京区は、1947(昭和22)年に本郷区と小石川区が合併し、誕生しました。
江戸期には、大名屋敷や武家屋敷、寺社が多数置かれておりました。
明治期以降は、学問所や大名屋敷の跡地などに「東京大学」をはじめ、多くの学校が置かれ、周辺には多くの文学者や文化人も暮らすようになり、『文の京(ふみのみやこ)』として発展しました。
1884(明治17)年には、東京大学の学生3人が、キャンパスそばの本郷区向ヶ丘弥生町(現・文京区弥生)で土器を発見し、地名から「弥生式土器」と命名され、この土器が使われた時代を「弥生時代」と呼ぶなど、日本の考古学史上でも重要な地となっているそうです。

また、「六義園」があるのも有名ですよね。

1695(元禄8)年、五代将軍・徳川綱吉の家臣・柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した庭園です。紀州(現・和歌山県)の「和歌の浦」などの景観が「八十八境」として表現されています。
1878(明治11)年には、「三菱財閥」の創業者・岩崎彌太郎が「六義園」とその周辺の土地を購入し、住居として使用していたそうです。その後、1938(昭和13)年に東京市に寄贈され、同年より一般に公開されるようになりました。

私は和歌山県出身なのですが、六義園に初めて行った際に、和歌山と六義園の歴史を沢山知りました。こんな近くに地元とゆかりのある場所があるとは知りませんでした。

六義園は緑や池が沢山あり、とても癒しになる場所でした。
皆様も、お時間のある時にぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

モニター募集(都内)のGOトーロク:健康食品・化粧品・サプリメントのモニターバイトで謝礼のご支給や健康診断も無料で受けられます。

郷土料理②

21.01.15

皆さんこんにちは。検査運営課CRC係の佐藤です。

新年のあいさつが遅れましたが、今年も昨年に引き続きよろしくお願いいたします。

年末は実家、山形県で過ごす予定でしたが、帰省せずにこちらで過ごすことになりました。
実家では、正月のみ、父がお雑煮を作ることになっていて、それが楽しみでもありましたが、
今年は自分で作ろうと思い、作り方を母に電話で作り方を聞きました。
醤油とだし(市販の粉末だし)の味付けで、具は芋がら、木綿豆腐、こんにゃく、ねぎ、岩のりです。
余談ですが、最近は岩のりをスーパーで見かけることがあり、うれしいです。
「芋がら」を初めて聞いた方も多いと思います。芋がらとは里芋の茎の皮をはいで1~2か月ほど干したもので、保存食として重宝されているようです。
通信販売で50グラム1000円弱で買うことができました。
ぬるま湯で1時間もどし、軽く揉んでから、ゆでこぼします。一人分5グラムでも水で戻すと膨らむので満腹感があります。いつ食べても不思議な触感です。「しゃきしゃき」や、「じょりじょり」という表現を通販サイトではしていました。
栄養成分は、カルシウム、カリウム、鉄分、食物繊維を多く含みます。
漢方では、産前産後の滋養食としても見直されているそうです。
これらを使って作ったお雑煮の汁の味はさっぱりしています。
また、焼いたおもちを入れて、煮込んだ後のとろみのついた汁も美味しいです。

日本各地でいろいろな味のお雑煮があるそうですね。
皆様の地元のお雑煮も、美味しいのでしょうね。ぜひ食べてみたいです。

モニター募集(都内)のGOトーロク:健康食品・化粧品・サプリメントのモニターバイトで謝礼のご支給や健康診断も無料で受けられます。

新年のご挨拶

21.01.12

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。検査運営課運営係の横村です。

皆さまは年末年始はどのように過ごされましたでしょうか。私は親戚のいる石川県で過ごす予定でしたが、関東でコロナウイルスの感染が拡大していることもあり、こちらで過ごすことにしました。

毎年親族揃っておせちを食べるのが恒例でありとても残念だったのですが、今回は少し豪華なおせちを注文し、自宅でゆっくりテレビを見たり友人とオンライン新年会をして過ごしました。

おせち料理といえば、今年は1人前のおせちが流行しているようです。1人前サイズであれば感染のリスクを抑えることができますし、実家に帰省せず1人で過ごすという方でも完食できますよね。

昨年は多くのモニター様に試験にご参加いただき、心より感謝申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

モニター募集(都内)のGOトーロク:健康食品・化粧品・サプリメントのモニターバイトで謝礼のご支給や健康診断も無料で受けられます。

新年初ブログ

21.01.08

皆様こんにちは。
CRC係の堀江です。
新年明けてから初ブログです!

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は基本的には家でゆったりまったりとしていましたが、少し外に出かけたりもしました。

友人と多摩川沿いを散歩しました。
当初の計画ではレンタルサイクルを利用して多摩川まで行く予定でしたが、どれも予約済みで利用できず…。
(意外と利用する方が多いんですね…!次回からはきちんと予約しようと思います!)

池上駅から鵜の木駅を往復しました。
この2つの駅、直線距離では近いのですが、今回の目的は多摩川!
ということで、多摩川沿いに遠回りし、かなりの距離を歩きました。
天気が良い日だったので気持ち良かったです。特に、復路では夕焼けが綺麗でした。

ちなみに、気が付いたら、スマホの歩数計は2万歩を超えていて、良い運動になりました(笑)

昨年は腰痛を発症してしまったので、今年はより一層、健康のために運動に力を入れていこうと思います。

今年も皆様にとって良い年となるよう心よりお祈り申し上げます。
今年もよろしくお願い致します。

モニター募集(都内)のGOトーロク:健康食品・化粧品・サプリメントのモニターバイトで謝礼のご支給や健康診断も無料で受けられます。

七草粥

21.01.05

皆様、明けましておめでとうございます。
検査運営課の寺山です。

お正月はいかがお過ごしでしたか?
私はこたつでお節料理を食べて、お酒を少し楽しんで…、
外に出かけられない分、いつもよりもゆったりとした年明けでした。

さて、年末年始のごちそうで少し疲れた胃や腸に、やさしい七草粥はいかかでしょうか。
皆様は春の七草、すべてご存知ですか?
七草の一つ一つに以下のような意味があるようです。

せり…競り勝つ
なずな…なでて汚れを取り除く
ごぎょう…仏の体
はこべら…繁栄がはびこる
ほとけのざ…仏の安座
すずな…神を呼ぶための鈴
すずしろ…汚れのない清白

意味を知ると面白いですね♪
また、1月7日の朝に食べると、その日1年は病気をしないといわれています。
最近ではスーパーでも七草のセットが売られているため、気軽に自宅で準備ができますね。
私もそろそろ買いに行こうかなと思います。

今年も、美味しいご飯と適度な運動で健やかに過ごしましょう。

皆様のモニター試験へのご参加を心待ちにしております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

モニター募集(都内)のGOトーロク:健康食品・化粧品・サプリメントのモニターバイトで謝礼のご支給や健康診断も無料で受けられます。

メアドだけで簡単登録!
CLICK!
募集中のモニターはこちら!
CLICK!