食品のパッケージを隠している理由

20.02.20

みなさま、おはようございます。統計解析課の柿沼です。はじめましての方ははじめまして。数年ぶりにブログを書いてみました(ㆁωㆁ*)

いつも弊社が運営する食品モニター試験のご参加いただきありがとうございます(*・ᴗ・*)و
皆様のおかげで様々な機能性を有する食品が世の中に証明されてきました。ありがとうございます!!

私は皆様からいただいたデータを統計学という学問を利用して分析しています。皆様が弊社オフィスで説明を受けている部屋の奥にいるので、なかなかお会いする機会がありませんがブログを通して、モニター試験を統計学的観点から紹介していきたいと思います。

今回は、皆様が参加している試験で銀色のパウチのような無機質なパッケージで配布される食品のことについてです。これは、見ての通り市販の食品の場合などパッケージを隠すためだけでなく、実は統計学的理由があるんです。それは、隠すことで、「健康食品の効果を過剰に報告されることを防ぐ」ためなのです。

明らかに効きそうな商品と効かなそうな商品があって、効きそうな商品を渡されたら「なんか効いたなー」と思いますし、効かなそうな商品を渡されたら「なんか効かないなー」って思いますよね( •⌄• )
なのでパッケージを印刷しなかったり、隠したり、剥がしたりして皆様に提供しています!!

ちなみにプラセボ (効果がない食品) を摂取して得られる良い効果をプラセボ効果 (プラシーボ効果) といいます。皆様のデータの解析結果を見させていただいていますが、プラセボを摂取しているのに効果が表れてしまっている人がいます(@_@;)ビックリ

また、反対に良くない効果が表れることをノーシーボといいます。副作用に注目しすぎて副作用が起きてしまうことが稀にあるそうです。病は気からみたいな感じですね!

本日はこんな感じです♪また、再来月に投稿します♪

Goトーロクではこれからも面白いモニター試験の募集がどんどん始まるので是非、みなさん参加してください(*・ᴗ・*)و

2019年度人気モニター試験ベスト1

20.02.10

いつもGoトーロクをご利用いただきありがとうございます。検査運営課の募集係から投稿です!いつもメールマガジンやLINEを配信しているのは私たち募集係です。
前々回にブログ更新をした「謹賀新年」の誰か、です。ヒントはスーツ姿です。
見当はつきましたか??(ヒントはこちら!→https://www.go106.jp/blog/200107-2.html

いきなりですが、2019年度で人気度が高かったモニター試験ベスト1を発表したいと思います。
ベスト1に輝いたのは、、、「記憶力の衰えを感じる方」のモニター試験でした。パチパチ
僅差で「目が疲れやすいと感じる方」でした。<オー
私も記憶力をいつまでも保っていたいものです。目の疲れもどうにかして取りたいものです。そういえばなぜベスト1を発表しようとしてたんでしたっけ・・・。
まあ、細かいことは気にしないことにしておきましょうね!

人気があるからと言って応募しないのは無しですよ。どしどしご応募ください。約束ですよ?

皆様にわかりやすくご案内できるよう努めさせていただきますので、
今後ともGoトーロクのモニター試験をどうぞよろしくお願いいたします。

ヘルスフードアカデミックサロンミニシンポジウム

20.02.07

Goトーロクを運営するオルトメディコで、ヘルスフードアカデミックサロン ミニシンポジウムを開催したので参加してきました。
ヘルスフードアカデミックサロンは「食と健康にまつわる様々な情報交換」を目的に設立されたサロンです。健康食品等のモニター試験を行うためにも、きちんと情報を仕入れてきますよー。

会場は恵比寿駅より恵比寿スカイウォーク(動く歩道)で5分。
恵比寿ガーデンプレイス内のサッポロビール様本社で行いました。

社内で開催場所の確認をしている際に「歩く歩道」と言い間違えたのは私です。
歩いちゃいけない歩道ってあるんだろうか。そもそも、それは歩道なのだろうか。。。

会場はほぼ満席。後方に空き席があったので滑りこんで聴講してきました。
今回のテーマは「機能性表示QOL時代に向けて」ということで、機能性表示食品のQOLをどのように確認し謳っていくか、どのように考えていくかの講演でした。
聞いた内容を今後実施するモニター試験に活かしていけるよう、がんばります。

シンポジウム終了後、会の運営をしていたオルトメディコのメンバーと合流しカンパーイ。
運営お疲れさまでした。

今後もGoトーロクでは様々なモニター試験を開催していきます。
気になる内容がございましたら是非ご応募いただければ幸いです。

バレンタインデー ~機能性を取り入れた生活~

20.02.05

この時期になると、街のあちこちでバレンタインデー用のスイーツを
たくさん見かけますよね。
日本ではチョコレートがプレゼントの定番ですが、
ここ数年、健康志向の方にも嬉しい商品を多く見かけるようになりました。

このブログを読んでいる健康情報に関心がある方なら、
チョコレートを習慣的に食べることで、

心血管機能の改善
2型糖尿病のリスク低下
腸内の善玉菌/悪玉菌バランスの改善

といった効果についての研究報告をご存じの方もいらっしゃるかと思います。

ただ…これらの効果が認められたのは、いわゆる「高カカオチョコレート」だけ。
たとえば、先ほど紹介した心血管機能の改善効果は、
かな~り“苦い”カカオ分90%のチョコレート20 gを
30日間食べ続けてやっと得られたもの。

すぐに効果が出るわけではないことはもちろんですが、
毎日の健康の維持のためには30日目以降も継続して摂取することが理想的です。

そこで!健康づくりに役立つ高カカオチョコレートを毎日継続して取り入れるために
いつもの食事に取り入れるアイデアをご紹介します!

たとえば、和風アレンジ「チョコ田楽みそ」なんていかがでしょうか?
普通の田楽みその材料 (みそ、酒、砂糖) に高カカオチョコレートを加えて
電子レンジで温めるだけで完成です!

ひとくちチョコレートなら、どのメーカーも1個およそ5 gで包装しているので、
みそ大さじ2に対して、1~2個加えます。
チョコ田楽みそなら1日の目安量の1/4 ~ 1/2程度を手軽にとることができます。

田楽はもちろん、みそ炒め、野菜スティックのソースなど、
いろいろ使えるところがうれしいですね。

他にも、温めた豆乳に溶かしてホットチョコレートにしてみたり、
カレーなどの煮込み料理に入れてみたりといった飽きの来ない工夫すれば、
1日20 gの高カカオチョコレートを取り入れる習慣が
長続きしやすくなるのではないでしょうか。

2020年、令和初のバレンタインデーは、一風変わったチョコレートで楽しみつつ、
健康増進について考えてみるのもいいかもしれませんね。

これからもGoトーロクでは新しいモニター試験を実施していきますので、気になるものがございましたら是非ご参加いただければと思います。

謹賀新年

20.01.07

新年あけましておめでとうございます
本年も多くのモニター試験を実施していきますので気になる試験等ございましたらぜひご参加いただけますようよろしく申し上げます

1 / 1812345...10...最後 »
メアドだけで簡単登録!
CLICK!
募集中のモニターはこちら!
CLICK!