検査会場での新型コロナウイルス感染対策について No.3

20.05.29

皆様こんにちは。検査運営課 CRC係の安倍でございます。

先週、先々週とご紹介したクリニックでの取り組みについてのブログはご覧いただけましたでしょうか。今回も引き続き、モニター様が安心してヒト試験にご参加いただけるよう私たちが以前から行っている取り組みについてご紹介いたします。

今回ご紹介するのは、検査会場の換気です。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐキーワード、「3つの密 (密閉、密集、密接)」は、皆様よくご存じかと思います。3つの条件がそろう場所ではクラスター (集団) 発生のリスクが高いため、これらの条件を可能な限り重ならない工夫や行動を心掛けることが重要です。

現在弊社では、可能な限り多数のモニター様同士での密集を避けるよう、募集担当社員を中心に、各時間枠で対応するモニター様の人数を調整し、場合によってはモニター様にお電話やメールにて日程変更についてお伺いするなどの対応を行っております。
そして、検査会場でも同様に「3つの密」を避けるために、定期的に窓やドアを開けることで密閉の密を回避するようにしております。

ちなみに、この対応は3月中旬とまだ肌寒い頃から実施していて
「エアコンなどの空調システムを使えばわざわざ窓を開けなくてもいいのでは?」
とお思いになったモニター様もいらっしゃったかと思います。
残念ながら、エアコンは部屋の中の取り込み、温度を変化させてまた部屋の中に戻しているので、空気が部屋の中で循環してしまい、密閉状態のままなのです。
密閉を回避するためには、気温にかかわらず窓やドアを開けて空気を入れ替えることが重要です。皆様もお部屋の窓やドアを定期的に開けて「3つの密」を回避する生活を続けて新型コロナウイルスを乗り越えていきましょう。

私たちCRC係は、できる限りの努力は惜しまず日々の業務に取り組んでおりますので、モニター様に安心してヒト試験にご参加いただければと存じます。

これからもオルトメディコでは様々なヒト試験を実施していきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

メアドだけで簡単登録!
CLICK!
募集中のモニターはこちら!
CLICK!