効果的なフルーツの摂り方

20.10.09

皆様こんにちは。検査運営課CRC係の近藤です。
最近は朝晩と涼しくなり、秋らしい過ごしやすい季節になってきました。

秋といえば食欲の秋。美味しいフルーツも豊富ですね。
ブドウや梨、リンゴ、イチジクなどスーパーでお目にかかる機会も増えましたね。

ところで、皆さんはいつフルーツを食べていますか?
フルーツは摂るタイミングによって、効果が変わってくることをご存じでしょうか。

フルーツは食後に食べるイメージが強いですが、空腹時に食べる方がフルーツの栄養素をしっかり吸収できるのでおすすめです。
その中でも、果物に含まれる果糖は吸収が早くすぐエネルギーに変えることができるので、活動源となる朝一番に食べるのがベストです。

ごはんを食べると2~4時間かけて胃から腸へと届きますが、フルーツは酵素を豊富に含むため、わずか30分で腸に届きます。
そして腸に届いた酵素は、お腹の状態を整えて、これから入ってくる食べ物をしっかりと分解吸収してくれます。

さらに、血糖値を上がりにくくする、新陳代謝が促進されてダイエット効果が高まる、といったメリットまで。

私はダイエットも兼ねて、朝一番にフルーツを摂り始めました。
2週間ほどになりますが、朝から身体が動くようになり、肌も少し調子が良くなってきた気がします。

皆さんも果物を食べる時は、ぜひタイミングを意識してみてください。
朝一番か食前、おやつなどの空腹時にフルーツを食べて、しっかりとフルーツのパワーを摂取しましょう!

メアドだけで簡単登録!
CLICK!
募集中のモニターはこちら!
CLICK!