紫外線対策について

20.06.09

皆様こんにちは。
検査運営課CRC係の堀江です。

緊急事態宣言も解除され、外出することも増えてきたことと思いますが
皆さま、感染対策には今後もご注意ください。

国内では、7~8月に最も多く紫外線が観測され、晴れの日だけでなく、曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいます、紫外線対策にも注意が必要です。

最近はコロナ対策としてマスクを着けている方も多いのではないでしょうか。
UVカット、UPFの表記のないマスクは紫外線を通してしまいます。
また着用時の摩擦や蒸れによってお肌のバリア機能が低下し、紫外線によるダメージを受けやすい状態となります。
UVカット、UPFの表記のないマスクの場合は、紫外線対策をおすすめします。

紫外線対策には、日傘、帽子、衣類、サングラス等がありますが、
日焼け止めについてお話していきます。
日焼け止めにはSPF、PAという表記があるのはご存知かと思います
紫外線には、UV-BとUV-Aがあり、しみやしわ、たるみの原因となります。

SPFは、UV-Bを防ぐ指標で、1~50+までの段階があります。
SPFが高ければ高いほど良いと思う方もいるのではないでしょうか?
基本的にはSPF1で約20分間のUV-Bを防ぐことができます。
SPF50のものでは約16時間、朝8時に塗ると夜中の0時過ぎまで防ぐことになり、1日の日照時間よりも長くなります。
一方PAは、UV-Aを防ぐ指標で、+~++++までの段階があり、+が多いほど防止効果が高いのです。
SPF・PAが高くなるとお肌への刺激も強くなる傾向があります。
通勤や買い物などの日常生活であれば、SPF10~20、PA+~++で十分ですが、その日の予定で使い分けてみてはいかがでしょうか。

また、日焼け止めは、汗をかいたり、拭いたりすることによって落ちてしまいますので
2、3時間おきに塗り直すのが理想的です。

オゾン層破壊等の影響で紫外線量は年々増えており、今年も多くなると予想されています。
皆様、しっかりと紫外線対策をして、夏を乗り切りましょう。

LDLコレステロールが高めの方へモニター募集のご案内

20.06.03

こんにちは。

検査運営課募集係です。

最近、不要不急な外出を控えてUber Eatsなどを利用している方も多いのではないでしょうか?
家庭以外で調理された食品をご自宅で食べるものの中には、脂っこいものも多いので健康に注意したいものです。
そんなあなたに、ご紹介したいモニター試験がございます。
EPA・DHA含有サプリメントを飲んでいただくモニター試験です。

既にご存じの方もいるかもしれませんが、EPAとDHAは青魚に多く含まれています。
最近では、魚離れも進んでおりEPAやDHAの摂取不足が指摘されていますが、それらはコレステロールや中性脂肪を減少させることが報告されています。
このため、EPAやDHAを摂取することが日々の健康につながります。

今回は、このEPA・DHA含有サプリメントを使ってLDLコレステロールへの影響を検証しています。
最近、健康診断でLDLコレステロールが高めと言われたあなたや脂っこいものを食べがちなあなたにオススメのモニター試験です。

それでは、モニター試験の情報を↓に載せました。ぜひぜひご確認ください。

▼応募フォームはこちらです。
https://forms.gle/Mc5n7sMoBnpoPKzu7

ご応募お待ちしております!

検査会場での新型コロナウイルス感染対策について No.3

20.05.29

皆様こんにちは。検査運営課 CRC係の安倍でございます。

先週、先々週とご紹介したクリニックでの取り組みについてのブログはご覧いただけましたでしょうか。今回も引き続き、モニター様が安心してヒト試験にご参加いただけるよう私たちが以前から行っている取り組みについてご紹介いたします。

今回ご紹介するのは、検査会場の換気です。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐキーワード、「3つの密 (密閉、密集、密接)」は、皆様よくご存じかと思います。3つの条件がそろう場所ではクラスター (集団) 発生のリスクが高いため、これらの条件を可能な限り重ならない工夫や行動を心掛けることが重要です。

現在弊社では、可能な限り多数のモニター様同士での密集を避けるよう、募集担当社員を中心に、各時間枠で対応するモニター様の人数を調整し、場合によってはモニター様にお電話やメールにて日程変更についてお伺いするなどの対応を行っております。
そして、検査会場でも同様に「3つの密」を避けるために、定期的に窓やドアを開けることで密閉の密を回避するようにしております。

ちなみに、この対応は3月中旬とまだ肌寒い頃から実施していて
「エアコンなどの空調システムを使えばわざわざ窓を開けなくてもいいのでは?」
とお思いになったモニター様もいらっしゃったかと思います。
残念ながら、エアコンは部屋の中の取り込み、温度を変化させてまた部屋の中に戻しているので、空気が部屋の中で循環してしまい、密閉状態のままなのです。
密閉を回避するためには、気温にかかわらず窓やドアを開けて空気を入れ替えることが重要です。皆様もお部屋の窓やドアを定期的に開けて「3つの密」を回避する生活を続けて新型コロナウイルスを乗り越えていきましょう。

私たちCRC係は、できる限りの努力は惜しまず日々の業務に取り組んでおりますので、モニター様に安心してヒト試験にご参加いただければと存じます。

これからもオルトメディコでは様々なヒト試験を実施していきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

血圧が高めの方、血圧が気になる方、血圧で悩んでいる方へモニター募集のご案内

20.05.26

こんにちは。

検査運営課募集係です。

新型コロナウイルスが蔓延したことで、生活習慣が変化していませんか?そこで、皆様にご紹介したいモニター試験がございます。
それは…ポリフェノール含有サプリメントを飲んでいただくモニター試験です。

それではポリフェノールの効果について少々。
ポリフェノールは、赤ワイン・コーヒー・緑茶などに含まれています。
ポリフェノールには、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持っており、生活習慣病などの原因となる活性酸素が働きすぎることを抑えます。
このため、ポリフェノールを摂取することが日々の健康につながります。

今回は、このポリフェノールを使って血圧への影響を検証しています。
最近、運動できていないあなたやストレスのたまっているあなたにオススメのモニター試験です。
アルコールの飲みすぎも血圧が上昇する原因なので、飲みすぎはほどほどに…。

それでは、モニター試験の情報を↓に載せました。ぜひぜひご確認ください。

▼応募フォームはこちらです。
https://forms.gle/Rz9mPdioX4U4zshR6

ご応募お待ちしております!

検査会場での新型コロナウイルス感染対策について No.2

20.05.22

皆様こんにちは。検査運営課 CRC係の安倍でございます。

先週ご紹介したクリニックでの取り組みについてのブログはご覧いただけましたでしょうか。今回も引き続き、モニター様が安心してヒト試験にご参加いただけるよう私たちが以前から行っている取り組みについてご紹介いたします。

今回ご紹介するのは、共有部分のドアノブ消毒です。

2020年1月に、過去30年間に発表されたコロナウイルスの活性の持続性および不活化に関する論文をまとめたレビュー論文が発表されました。このレビュー論文によると、

① プラスチック、ガラス、金属などの表面に付着したコロナウイルスの活性は最大9日間持続する組み合わせがある。
② 62-71%の消毒用エタノール、0.5%過酸化水素水 (オキシドール)、または0.1%次亜塩素酸を用いた1分間の表面消毒でコロナウイルスの不活化ができる。

と報告されているため、現在流行している新型コロナウイルスにも同様の特徴があることが期待されています。

実際に、厚生労働省やアメリカ疾病予防管理センター (CDC) などの各国の専門機関では、共用部分のテーブル、照明のスイッチ、ドアノブなどの定期的な消毒を推奨しています。

これらの報告を受け、私たちCRC係では、共有部分の入口およびお手洗いのドアノブを、医療現場で広く用いられる指定医薬部外品の高濃度アルコールタオルで毎日消毒しております。

私たちCRC係は、できる限りの努力は惜しまず日々の業務に取り組んでおりますので、モニター様に安心してヒト試験にご参加いただければと存じます。

これからもオルトメディコでは様々なヒト試験を実施していきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

メアドだけで簡単登録!
CLICK!
募集中のモニターはこちら!
CLICK!