デコポン♪

21.03.23

こんにちは。検査運営課の寺山です。

日中の風もあたたかく過ごしやすい季節になってきましたね。
3月も残りわずかとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私はどうかといいますと最近、友人からデコポンをたくさんもらいました。程よい甘さと酸っぱさがあり、柑橘の香りもよく、とっても美味しかったです。皮の丈夫そうな見た目に反し、手で簡単に向けて食べやすく薄皮まで丸ごと食べられました。
「デコポン」という響きもかわいらしく、なんだか食べていて幸せな気持ちになれました。

ところで、皆様はデコポンとポンカンの違いをご存知でしょうか。
ポン♪という名前の響きがなんとなく似ているため、混同しやすい方もいらっしゃるかもしれません。

「ポンカン」は、インドから渡ってきた柑橘類です。インドの「poona」地名と、柑橘の「柑」を合わせた言葉だそうです。
一方、「デコポン」はみかんの品種である清見とポンカンを掛け合わせた品種だそうです。ヘタの部分が出っ張っているので、「デコポン」という名前になったそうですよ。見た目も特徴的で覚えやすいですね。

今が旬のデコポン、皆様も見かけたら是非ご賞味ください♪

モニター募集(都内)のGOトーロク:健康食品・化粧品・サプリメントのモニターバイトで謝礼のご支給や健康診断も無料で受けられます。

映画の紹介~きみに読む物語~

21.03.16

検査運営課の長岡です。

寒暖差を感じる毎日ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

前回に引き続き、わたしのおすすめの映画をご紹介できたらと思います。
今回、ご紹介させていただくのは『きみに読む物語』という作品です。

この作品は老人男性が、痴呆症の女性患者にあるノートを読み聞かせていることから物語が始まります。物語の舞台は1940年代のアメリカ。ワガママで気の強い17才のアリーはバカンスに訪れた田舎町で、ノアと出会い恋に落ちます。しかしアリーは裕福な家庭の令嬢、ノアは材木置き場で働く貧乏な青年だったため、アリーの両親に引き裂かれたふたり。やがてノアは戦争へ出向き、その間にアリーは新たな恋を知り婚約するが、ノアの姿が心から離れません。そして運命の糸は、もう一度ふたりを繋ぎます。

この作品は、わたしの1番好きな恋愛映画と言っても過言でないほどお気に入りの1作です。
冒頭からラストまで、心をスクリーンのなかに奪われてしまう美しい映画です。色鮮やかでポップに描かれた恋におちていくふたりのチャーミングさに、思わず笑顔がこぼれます。また、全編とおして散りばめられた「ノアのまっすぐで情熱的な愛情表現」も見どころとなっております。
皆様もご興味ありましたら、ぜひ一度観てみてください。

モニター募集(都内)のGOトーロク:健康食品・化粧品・サプリメントのモニターバイトで謝礼のご支給や健康診断も無料で受けられます。

写真を撮り忘れるほど美味しい!! ~本実堂サンド~

21.03.09

皆様こんにちは検査運営課の大山です。
少しずつ暖かくなってきて春を感じるような日もありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は生まれつきの花粉症で、春がうれしい反面少し憂鬱でもあります。

今回は私が最近感動したお菓子、HONMIDO(本実堂)のその名も本美堂サンドを紹介いたします。
(どうしても紹介したかったのですが、あまりの美味しさに写真を撮り忘れてしまいました...(笑)
このブログを見て気になってくださった方がいらっしゃいましたら、写真を検索していただくことをおすすめ致します。)

このお菓子、見た目はよくあるラングドシャに分厚いホワイトチョコレートが挟まっているような見た目をしています。私は甘党なのでもちろんそれでもおいしそうだなと思いましたが、チョコレートが分厚い分少しくどいと感じる人もいるのかなぁと思いつつ食べてみるととてもびっくりしました!
間に挟まっているのはチョコレートでなく、メレンゲだったのです。とても軽い口どけですごくすごく美味しかったです。ラングドシャのサンドといえばチョコレートだと思っていたので、そのアイデアにも脱帽しました。
いただいたものなのですが、あっという間に食べてしまいました。今度自分でも買おうと思い調べたところ、関東だと銀座と虎ノ門にあるそうです。なかなか行く機会がないので、いつかまた誰かが買ってきてくれないかなあとこっそり願っております。笑
またなにか美味しいお菓子があれば紹介させてください。次はしっかり写真を撮ります!

モニター募集(都内)のGOトーロク:健康食品・化粧品・サプリメントのモニターバイトで謝礼のご支給や健康診断も無料で受けられます。

フルーツ2

21.03.05

皆様こんにちは検査運営課眞田です。

前回苺のお話をさせて頂きました。
今回は柑橘類のお話をさせて頂きます。
柑橘類は農林水産省によると日本では、83種類あるそうです。
その中でも、みかんは早生を始めとしてほぼ1年中出荷されています。
細かく分類するとそれぞれの旬があり、
今はみかん以外の柑橘系も多く、旬に合わせて店頭に並んでいますよね。
柑橘系の新種の研究も盛んで、最近は食感の変わった種類も多く出荷されています。
昨年12月~1月に店頭に並んだ『紅まどんな』を始めて食した時びっくりしました。
柑橘系の概念をぶち壊されました。
今までの柑橘類は房の中に小さな粒々があり、それがお口の中で弾けていました。
しかし、『紅まどんな』は粒々感が一切無く1房自体がゼリー様なのです。
時折TVで紹介されていましたが、本当でした。ハマってしまい店頭に有ると買っていました(笑)
実はもう一つハマっている柑橘系があります、甘平です。
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、甘平も旬が短くほぼ2月のみになります。
こちらは大粒のプチプチ果肉で紅まどんなとは対照的です。
いずれも愛媛県の特産品で品種改良された物です、交配技術の進化で美味しい物が食べられて幸せですね。
数年前はデパートで購入していましたが、一昨年からふるさと納税を活用しています。
2月に愛媛県に行くと道の駅等に安価で売られているそうなので
いつかは2月に愛媛旅行に行きたいと切望しています。

モニター募集(都内)のGOトーロク:健康食品・化粧品・サプリメントのモニターバイトで謝礼のご支給や健康診断も無料で受けられます。

春の大敵

21.03.02

皆様こんにちは。検査運営課運営係の村上です。

早いもので3月になりましたね。3月・4月は皆様色々とお忙しいことと思います。
温かい春の陽気があふれ、ぽかぽかと太陽の光がまぶしく心地よい…と言いたいところですが、なかなかそうもいきません。

この季節、多くの方が花粉症に悩まされているのではないでしょうか。
わたしもそのひとりです。昔はまったく症状がなく大丈夫だったのですが、高校生か大学生のあたりから鼻がムズムズ、目がしょぼしょぼしてくるようになりました。

花粉症の症状は、人によって様々あるかと思います。
私の母は耳の中がかゆいと言っていて、「そんなところまで!?」と思った記憶があります。
保湿をしたり、うがいをしたり、目薬をさしたり、時には薬に頼るのもありだと思います。
以前、花粉症のようなアレルギー症状に対するモニター試験も弊社で実施したことがありますよ。

日本気象協会のHPを見てみると、東京ではスギ花粉が3月上旬から中旬に、ヒノキ花粉は4月上旬から中旬に飛散ピークとなるそうです。
わたしは特にヒノキに強く反応しているように思います。
今のところまだ大丈夫ですが、4月になるのが少し怖いなあとも思ってしまいますね。

関東甲信での花粉飛散量は、例年に比べ70%程度だそうです。
やや少ないといったところでしょうか。
一方、前シーズンと比較すると220%(!)の飛散量が予想されています。
これは、前シーズンの花粉飛散量が例年より少なかったことによるそうです。
去年は大丈夫だったという人も、今年は花粉に要注意!したほうが良いかもしれませんね。

モニター募集(都内)のGOトーロク:健康食品・化粧品・サプリメントのモニターバイトで謝礼のご支給や健康診断も無料で受けられます。

メアドだけで簡単登録!
CLICK!
募集中のモニターはこちら!
CLICK!